特別展「大岡昇平の世界展」

EVENT

本のイベントや講座などの開催情報です。

イベント詳細

イベント イメージ

特別展「大岡昇平の世界展」

日時:
新型コロナウイルス感染防止の為、変更させていただく場合があります。2020年10月3日(土)~11月29日(日) 9:30~17:00
入館は16:30まで
場所:
県立神奈川近代文学館(横浜市中区山手町110)
アクセス:
東急東横線直通・みなとみらい線 元町中華街駅下車6番出口(アメリカ山公園口)徒歩10分

日本の文学史上に大きな足跡を残し、昭和を代表する作家・大岡昇平(1909~1988)。 若き日に小林秀雄、中原中也らと出会い、スタンダール研究家として知られた大岡は、1944年、35歳で出征し、九死に一生を得て帰還します。 戦後、実体験をもとにした「俘虜記」で小説家デビュー、戦争文学の最高峰といわれる「野火」、ベストセラー「武蔵野夫人」を発表。 その後もさまざまなジャンルの作品を手がけ、研究・評論・翻訳にも多くの業績を残しました。1967年には「レイテ戦記」の連載を開始、高い評価を得ています。 本展では、ご遺族から当館に寄贈された「大岡昇平文庫」の資料を中心に、生き残った者としての責任を負いながら、一文学者として戦後日本を歩み続けた、その生涯を辿ります。

紫式部は神奈川近代文学館のサポートメンバーです。